アンコール遺跡2泊3日Cコース 毎日出発コース

タ・プローム
タ・プローム

アンコール朝の黄金時代を築いたジャヤーヴァルマン7世の死後は、大規模な寺院建造と領土拡大の戦費などにより国力が次第に衰え始める。 1283年にはクビライのモンゴル軍がアンコールに侵攻し、その後は元朝と朝貢関係を結ぶ。1431年にはシャム(アユタヤ朝)にアンコールの都を 攻略され、アンコールワットを放棄し都を次々に移す流浪と苦難の時代に入る。アンコール遺跡は歴史の表舞台から離れ、次第に人々から忘れ去られる。 1860年、フランス人のアンリ・ムーオにより密林に埋もれたアンコールワットが発見され、ヨーロッパにその存在が知れ渡ると再び脚光を集める。

Gmail, Yahoo!Mail, Hotmail等の迷惑メールフィルター機能付きのメールをご利用の場合は、弊社からのメールが迷惑メールフォルダへ入るケースがございますのでご確認ください。
イメージギャラリー
アプサラダンス
南大門(アンコールトム)
タ・プローム
アンコールワット(プノンバケンの丘より)
水浴びをする子供たち
水浴びをする子供たち
プノンバケンからのサンセット
カンボジアのお土産
木に取込まれた仏像(タ・プローム)
木に取込まれた仏像(タ・プローム)
バイヨン寺院
バイヨン寺院
アンコールワット西塔門
アンコールワット西塔門のヴィシュヌ神
ライ王のテラスの彫刻
象のテラス
バイヨン寺院
バプーオン
バプーオン
アプサラダンス

※写真はイメージです

地図
料金
ツアー諸条件
お問合せ
お問合せ・お見積もりはお電話をいただくか、下記のお問い合わせボタンより送信いただけましたら担当者より速やかにご連絡させていただきます。