秘境ラダック&カシミール縦断7泊9日  【2014年9月末まで】

ラダック地方のゴンパ
ラダック地方のゴンパ

ラダックはインドのジャンムー・カシミール州東部の地方の呼称。広義にはザンスカールおよび、現在パキスタンの支配下となっているバルティスタンを含む、ヒマラヤ山脈とカラコルム山脈 にかさまれた一帯を指し、カシミールの東半分以上を占める。かつてはラダック王国という独立した仏教国であったが、19世紀にカシミールの藩王に併合された。 チベット文化圏に属するラダックは、よく「小チベット」と称されチベット仏教の中心地のひとつとして有名である。文化大革命で破壊された中華人民共和国のチベット自治区よりも古い文化が よく残っていると言われている。特に曼荼羅美術の集積はチベットを凌ぐとされている。ラダック地方の中心都市は「レー」。

Gmail, Yahoo!Mail, Hotmail等の迷惑メールフィルター機能付きのメールをご利用の場合は、弊社からのメールが迷惑メールフォルダへ入るケースがございますのでご確認ください。
イメージギャラリー
レーのオールドタウン
レーの街角
ラダックフェスティバル
ティクセゴンパの少年僧
ティクセゴンパの少年僧
弥勒大仏(ティクセゴンパ)
シェイゴンパのお祭り
シェイゴンパの大仏
シェイゴンパの大仏
ヘミスゴンパの仏画
ヘミスゴンパの仏画
澄み切ったインダス川とザンスカル川合流点
澄み切ったインダス川とザンスカル川合流点
アルチゴンパ
ヒマラヤの渓谷美(ソンマルグ)
ヒマラヤの渓谷美(ソンマルグ)
ダル湖(スリナガル)
ヘミスゴンパ
カバブ(スリナガル)
ハウスボートからの夕日(スリナガル)
ムガル庭園シャリマーバグ
ムガル庭園シャリマーバグ
グルマルグの牧草地
スリナガルにて
ヘミスゴンパにて
ティクセゴンパの壁画
マグネティックヒル
カシミール料理
ラマユルゴンパ
ラマユルゴンパ死の舞踏
ラマユルゴンパ
ラマユルゴンパ
ヒマラヤの動物(マーモット)
インダス川
グルマルグの牧草地
シェイゴンパ

※写真はイメージです

旅行エリア 南アジア インド
旅のシーズン 5月 6月 7月 8月 9月 旅行期間 9日間
キーワード
日程表
1日目
食事なし

   空路、シンガポールよりデリーへ移動
   9W017 SIN/DEL 1935/2250 
   デリー空港到着出口にて現地係員とミーティング
   ホテルへご案内いたします。 

デリー泊
2日目
昼/夕食つき

   早朝、時間になりましたら現地係員が空港へ送迎いたします。
   空路、レーへ移動
   9W2368 DEL/IXL 0540/0710
   レー到着後、現地係員とミーティング
   ホテルへご案内いたします。

   *ホテルチェックインは午後からとなります。お荷物を預けホテルにて休憩ください。
    レーの海抜は3505mとなります。高度順応のためホテルにてお休みください。

   【ラダック王国のレー】
   西にヒマラヤ、北にカラコルムに挟まれ、チベット高原から流れ出すインダス川上流
   はかつてのシルクロードの支線の中継地として栄え10世紀にはラダック王国が興った。
   チベット文化圏に属するラダックは小チベットと称されチベット仏教の中心地となる。
   秘境であるがゆえに古いチベット文化が保存され特に曼荼羅美術の集積は本家チベット
   を凌ぐといわれている。

   夕刻:体調が良ければレーのバザール散策などへご案内いたします。

レー泊
3日目
朝/昼/夕食つき

   終日:インダス渓谷の僧院観光へご案内
   ■ティクセ・ゴンパ
   レーから南東に約20Km、荒涼とした丘の斜面にゴンパと僧院が並び
   少年僧を含め多くの僧侶が修行する。チャムカン堂には高さ15mの
   弥勒大仏の坐像が見られる。

   ■シェイ・ゴンパ
   初代のラダック王により10世紀に築かれたかつての都。
   岩山の上には王宮とゴンパが聳える。
   シェイゴンパには傑作といわれる千仏画の壁画が見どころのひとつ

   ■ラダック最大の僧院「ヘミス・ゴンパ」
   12年に一度開帳されるラダック最大のタンカを奉納しており、毎年夏
   にはパドマ・サンババ生誕記念行事が行われる。
   ツォカンと呼ばれるゴンパには六道輪廻図などの壁画が見られる。

   ■ストック王宮&博物館
   1825年建立の王宮跡が博物館として開放され、王家の宝物や当時の武具
   タンカなどが展示されている。

レー泊
4日目
朝/昼/夕食つき

   終日:専用車にてカルギルへ向けて移動(175Km/約7時間)
   下ラダック地方の見所に立ち寄りながらカルギルを目指します。
   カルギルはレー~スリナガルの中継地点でかつては、パキスタンの
   チベット圏で知られるスカルドゥへ抜ける交易中継点でもあった。

   マグネティックヒル
   磁気を帯びた丘では自動車をニュートラルにしておくと坂道を自動車
   が勝手に登ってゆくという。

   ■シク教の聖人グルドワラ・パター・サヒブを祀る廟
   ■インダス川とザンスカル川の合流地点
   ■アルチ・ゴンパ
   11世紀、リンチェン・サンポが創建したゲルク派のゴンパ。
   ラダック仏教美術の宝庫と言われ寺院の壁は曼荼羅や千仏画で埋め尽くされている。
   ■ラマユル・ゴンパ
   11世紀、密教の行者ナーローパがこの地で修行し始めたのがこの僧院の由来。
   月世界のような荒涼とした風景に立ち並ぶ僧院は中世より時間が止まったまま
   のようだ。

カルギル泊
5日目
朝/夕食つき

   終日:専用車にてスリナガルへ向けて移動(約245Km/約9時間)
   カシミールとラダックの間のヒマラヤ越え、ゾジ・ラ峠(3528m)を越えます。
   峠を境に荒涼とした風景から緑濃い景色に一変します。

   スリナガル近くの牧草地が広がる渓谷ソナマルグに立ち寄ります。

   スリナガル到着後、ご宿泊のハウスボートへご案内いたします。

スリナガル泊
6日目
朝/昼/夕食つき

   終日:グルマルグ(花の牧草地)へご案内(約60Km/片道約2時間)
   カシミール随一の風景明媚な高原リゾートとして知られるグルマルグ。
   ゴンドラ乗車やポニーライド(別途現地にてお支払ください。)
   などでお楽しみください。

スリナガル泊
7日目
朝/昼/夕食つき

   ムガルガーデン見学へご案内
   ■ニシャットバグ
   ザバルワン山脈を背後に前面にはダル湖と雪を頂いたピルパンジャル山脈を
   臨む美しい景色が楽しめる。
   ■シャリマーバグ
   ムガル帝国第4代皇帝ジャハーンギールによって造られたムガル式庭園

   夕刻:ダル湖での舟遊びへご案内いたします。

スリナガル泊
8日目
朝食つき

   出発まで自由行動
   時間になりましたら空港へ送迎いたします。
   空路、デリーへ移動
   9W604 SXR/DEL 1255/1420
   お客様ご自身にて乗り継ぎ手続きください。

   空路、シンガポールへ
   9W020 DEL/SIN 2225/0700+1

機中泊
9日目
食事なし

   シンガポール到着予定 07:00AM

料金

催行日 :毎日
催行人数:2名以上
利用航空会社:ジェットエアウェイズ・エコノミークラス

【JET AIRWAYS】
9W 017 SIN/DEL 1935/2250
9W2368 DEL/IXL 0540/0705
-----------------------------------------------------
9W 604 SXR/DEL 1255/1420
9W 020 DEL/SIN 2225/0700+1

料金

7泊9日お一人様S$1895~

料金詳細はお見積り致します。お気軽にお問合せください。

ツアー諸条件

【航空会社ハイシーズン追加代金】
特定の出発日には航空会社ハイシーズン追加代金が別途必要となる場合がございます。
詳細はお問合せお願いいたします。

【含まれるもの】
1)ジェットエアウェイズエコノミークラス往復航空券代金 SIN/DEL/IXL // SXR/DEL/SIN
2)ホテル宿泊代金 7泊分 
  デリー  1泊 THE HANDS or RADISSON BLU PASCHIM VIHAR
  レー   2泊 GRAND DRAGON
  カルギル 1泊 NUN KUN CAMP or D'ZOJILA or JANPALACE
  スリナガル3泊 DELUXE HOUSEBOAT
3)食事代金 朝6回、昼5回、夕6回つき
  *お食事の際のお飲物は別途現地にてご精算となります。
4)日程表記載の専用車&専属英語ドライバー送迎
5)レー、スリナガルの各都市英語ガイドが観光をご案内いたします。
  *4日目&5日目はドライバーのみのご案内となります。
6)ご案内する観光地の入場料、インナーラインパーミッド

【含まれないもの】
1)インドビザ代金
2)空港税
3)旅行保険など
4)インドの観光地ではカメラ・ビデオ持ち込み料金がかかる場合がございます。
  こちらの費用はお客様負担となります。
5)ガイドやドライバーへのチップ

【注意事項】
1)旅の服装と持ち物リスト
  ラダックは標高3000m以上となり日差しがきつく1日のうちの寒暖の差が激しい。
  日差しがきついので長袖の上下を着用。
  朝晩の肌寒い時間帯用にパーカーなどの上着用意。
  靴は歩きやすく、脱ぎやすい靴で(ゴンパでは靴を脱いで拝観となる)
  日差しがきついので帽子やサングラスも用意。
  乾燥して埃っぽいのでカメラを入れるケースやビニール袋に入れる。
  日焼け止めクリーム、乾燥から唇を守るリップクリーム
  埃がすごいのでコンタクトより眼鏡がお勧め。
  ラダックでは停電が日常茶飯事なので懐中電灯があると便利。
2)高山病について
  ラダックは標高3000m以上の地域となりますので高山病の症状がでる場合がございます。
  高度順応のため到着日は安静にお過ごしください。
  高山病の予防方法
  深い呼吸をして酸素を十分に取り込む
  水分補給を多めにとる。
  激しい運動は避ける。但し、散歩などゆっくりと適度に体を動かすのは逆に良い。
  熱いお風呂に入ることは避ける。
  飲酒やタバコは避ける。
3)現地の治安情報の確認
  特にカシミール地方とスリナガルでは治安が不安定な場合がございます。
  ご旅行検討の際に海外安全ページなどで現地の事情をご確認の上、お申込みをご検討くださいませ。
  ■海外安全ページ
  

■シンガポールにて事前にインドビザを取得する方法■
シンガポールにてインドビザを取得するには下記の手順にてご出発までに余裕を持って申請ください。
*取得に必要な時間は5営業日とされていますが確約するものではありませんのでご注意ください。
*ビザ申請中はパスポートを預けっぱなしとなりますのでご注意ください。
*シンガポールでインドビザを取得できるのは、シンガポール在住者に限ります。
 日本在住者は日本のインド大使館にて取得ください。

<インドビザ取得に必要なもの>
1.インドビザ申請用紙1枚
2.写真1枚(縦5cm x 横3.5cm)
3.グリーンカードのコピー1枚
4.パスポート(ご旅行の際に有効期限が6か月+滞在期間以上必要)
5.ビザ申請手数料

■インド到着ビザ取得について■
インドの到着ビザ申請にはいくつかの条件がございますのでご注意ください。
1.到着ビザ申請が可能な国籍
  フィンランド/日本/ルクセンブルグ/ニュージーランド/シンガポールの5ヵ国の方
2.到着ビザが可能なエントリーポイント
  デリー/ムンバイ/チェンナイ/コルカタ の国際空港に到着する場合に限る
3.到着ビザ代金 お一人様US$60
4.到着ビザ有効期間 30日のシングルエントリー
5.到着ビザの条件
  a)観光目的や知人訪問などの目的に限る。
  b)インドの労働ビザ保持者は到着ビザは利用不可となります。
  c)6ヵ月+滞在期間以上の有効期限のないパスポートの方は到着ビザ申請ができません。
  d)帰りの航空券やインド滞在中の十分な費用を保持していること。
  e)到着ビザは現地での延長は不可となります。
  f)到着ビザの利用は1年に2回までに限られ、それぞれの入国は2ヵ月以上の間隔をあけなければ適応できません。
  g)公用パスポート保持者の場合には到着ビザ申請ができません。
到着ビザの発給条件につきましては突然内容が変わる場合でも弊社は責任を負いかねます。
事前にシンガポールにてビザを取得されるほうが安心かと思います。

【キャンセル規定】
*特定の現地ハイシーズンにあたる場合にはキャンセル規定が厳しくなる場合がございます。
この場合は回答の際に改めてご案内させて頂きます。

通常期間
ジェットエアウェイズ発券後の変更不可、キャンセルの場合は100%のキャンセルチャージとなります。
ご出発日より起算して30日以内のキャンセルの場合は総額の50%のキャンセル料金となります。
ご出発日より起算して21日以内のキャンセルの場合は総額の100%のキャンセル料金となります。

 

お問合せ
お問合せ・お見積もりはお電話をいただくか、下記のお問い合わせボタンより送信いただけましたら担当者より速やかにご連絡させていただきます。