素朴さの残るブムタン地方へ ブータン6泊7日 毎週木/日曜限定出発

聖地タクツァン僧院
聖地タクツァン僧院

幸せの国ブータンと言われる所以は、国民の90%以上が「幸福」と感じていることにある。近年までは、なかなかその内情を知ることが出来なかった国だが、ブータン第4代国王の積極的な外交政策により、 その名を世界に知らせたのであった。第5代国王も、父親の意思を受け継ぎ、国際社会との交流を積極的に行っている。民族衣装や、ブータンの伝統的な建築様式、そしてチベット仏教への篤い信仰心。 ブータンの地に足を踏み入れると、こんな世界がまだあったのかと思わせてくれるほど、素朴な生活・素朴な人々に出会う。中央から東部にかけては、昔のままのブータンが残されているとも言われる。 中央までは行くには数時間もかかるが、都市部と離れているからこそ「真のブータン」の魅力を知ることが出来るのではないだろうか。 100年以上も続く現在のワンチュク王朝。2006年から在位している若い王は、これから先、この国をどのように導いていくのだろう。

Gmail, Yahoo!Mail, Hotmail等の迷惑メールフィルター機能付きのメールをご利用の場合は、弊社からのメールが迷惑メールフォルダへ入るケースがございますのでご確認ください。
イメージギャラリー
ナショナルメモリアルチョルテン
ドチュラ峠
ドチュラ峠2
子供たち(ヨントラ峠)
トンサ・ゾン
プナカ・ゾン
プナカ・ゾン2
プナカ・ゾン2
タクツァン僧院
タクツァン僧院
タクツァン僧院を眺める
タクツァン僧院を眺める
パロ・ゾン
パロ・ゾン2
守護者(パロ・ゾン)
ペレラ峠にいたヤク
クジェラカン
トンサ・ゾン2
ヨントラ峠
パロ・ゾンの人々
祈り(メモリアルチョルテン)
トンサゾン3
タクツァン僧院2
プナカゾン3

※写真はイメージです

日程表
1日目
昼/夕食つき

空路、シンガポールよりコルカタ経由パロへ
   KB501 SIN/PBH 0600/0945
   パロ空港到着出口にて現地英語ガイドとミーティング
   
   専用車にてティンプーへ移動します。(約1時間)
   到着後、ティンプー市内観光へ。
   
   午後:■ナショナルメモリアルチョルテン
       市街の南にそびえる純白の塔は3代国王が生前に発願したもので
       1974年に完成した。
      ■タシチョゾン
       国王のオフィスでもあり、ブータン仏教の総本山でもある。釘を1本も使わずに
       建てられたブータンの伝統的な建築。
      ■50名の尼僧が修業するドゥプトプ尼僧院を見学
       タシチョゾンをのビューポイントとしても知られます。

   夕刻、ティンプーの町を一望できるクエンセル・ポダン(ブッダポイント)へ。

ティンプー泊
2日目
朝/昼/夕食つき

終日、ブータンの中央部にあるブムタン地方・ジャカルへ移動(車で約8時間)
    
      ■ドチュラ峠(3050m)にて休憩
       108基の仏塔や寺院などを見学ください。
       天候が許せばブータン最高峰のガンカ・プンスム(7570m)などの
       ヒマラヤの眺望をお楽しみください。
      ■ペレ・ラ峠(3360m)
            ■ヨントラ峠(3400m)

ジャカール泊
3日目
朝/昼/夕食つき

終日、ブムタン地方ジャカルの観光へご案内いたします。
   
   午前:ジャカル・ゾン
      『白鳥の城』とも言われる。寺院と行政としての機能をもっている。
       建設中に、白い鳥が飛んでいき、聖なる予兆として、現在の場所の
       位置に返納した。優雅な名前の美しいゾンである。
      ■ジャンパ・ラカン
       チベットを統一したソンツェン・ガンポ王が108の寺を建立し、
       仏教の伝承に努めたと言われているが、その時にブータン国内に
       建てられたのが、パロのキチュ・ラカンとこのジャンパ・ラカン
       である。畑の中に作られた小聖地であり、ブータン仏教の原点を感じる。
   
   午後:ワンデュチョリン宮殿
       もとはウゲンワンチュ一族が暮らしていた宮殿だが、一族が滅びた後、
       廃墟になり、そして今は仏教学校となっている。

      ■クジェ・ラカン
       チベット世界に仏教を導入した高僧として崇められている
       パトマサンババの霊場である。大きな3つの御堂の周りには、
       108の小さな仏塔が並んでいる。

ジャカール泊
4日目
朝/昼/夕食つき

午前:ジャカルからプナカへと移動します。(約5時間)
   
      途中、標高2080mのトンサへ立ち寄ります。
      ■トンサ・ゾン
       ブータンの中でも一番美しいと言われるトンサ・ゾン。
       深い谷の斜面に建つゾンは、斜面から谷に向かって突き出し、
       軍艦のようなシルエット。他のゾンに比べると一際存在感のあるゾン。

   ペレラ峠を越えて、かつての冬の都プナカ(標高1350m)へ向かいます。

プナカ泊
5日目
朝/昼/夕食つき

午前:プナカの観光へご案内。
      ■プナカ・ゾン
       ポ・チュ(父川)とモ・チュ(母川)の合流点に建っている。
       ゾンへの入り口は、屋根つきの橋を渡っていく。内装や壁画の見事さは、
       ブータン随一とも言われる。
   
   パロへの途中、ウォンディフォダンへ立ち寄ります。
   
   午後:キチュ・ラカン
       ブータンで最も古い寺院の一つと言われ有数の霊場として知られる。

パロ泊
6日目
朝/昼/夕食つき

     終日:パロ郊外観光へご案内
      
   午前:■ブータン随一の仏教聖地「タクツァン僧院トレッキング」
       8世紀にパドマサンババ(グル・リンポチェ)が虎の背に乗って
       タクツァンで瞑想しブータンに仏教を広めたと言われる聖地。

      麓から中継点のティーハウス2800mまでは約2時間のコース。
      ここまではポニー乗馬が別料金で利用可能。
      さらに寺院までは約1時間30分の道のり、3000m近くになり
      針葉樹の森林地帯を進みます。
      *中継点のティーハウスまでのトレッキングでも可能です。

   午後:パロ・ゾン
       パロの政治・行政・宗教の中心となる建物。
       町のランドマーク的な存在でもある。
       正式にはリンプン・ゾン=「宝石の山の城」と呼ばれる。
       映画リトルブッダのロケ地としても知られる。

   夜:ホテルにてブータン名物石焼風呂「ドツォ」でトレッキングの
     疲れを癒してください。

パロ泊
7日目

時間になりましたら、ガイドが空港へ送迎いたします。
   空路、コルカタ経由シンガポールへ
   KB500 PBH/SIN 0720/1515

料金

催行日 :毎週木/日曜日出発
催行人数:1名以上
利用航空会社:ドゥルクエアーエコノミークラス

【DRUK AIR】
KB501 SIN/PBH 0600/0945 (コルカタ経由)木日
-----------------------------------------------------
KB500 PBH/SIN 0720/1515 (コルカタ経由)水土

*日程表記載の見学地は見学が一般に開放されている場合でも現地事情にて見学できない場合もございます。
  この場合には現地にて代替え見学場所などへご案内させて頂きます。予めご了承くださいませ。

*ブータンの日程はハイキングやトレッキング、ホームステイなどお客様のご希望に合わせて日程をカスタマイズさせることも可能です。  この場合も基本的に料金は変わりません。詳しくはお問合せくださいませ。

料金

6泊7日お一人様S$3149~

料金詳細はお見積り致します。お気軽にお問合せください。

ツアー諸条件

【航空会社ハイシーズン追加代金】
特定の出発日には航空会社ハイシーズン追加代金が別途必要となる場合がございます。
詳細はお問合せお願いいたします。

【含まれるもの】
1)ドゥルクエアーエコノミークラス往復航空券代金&航空保険料、燃料税 SIN/PBH/SIN
2)ホテル宿泊代金 6泊分 
3)食事代金 朝5回、昼6回、夕6回つき
4)日程表記載の現地英語ガイド&専用車送迎代金、各種入場料込み
5)ブータンビザ代金&ブータン政府の各種公定費用

【含まれないもの】
1)旅行保険など
2)ガイド、ドライバーへのチップ
3)お食事の際の飲み物代金

【ブータンビザ取得に必要なもの】
ブータンのビザはご出発前に事前に取得の手続きが必要となります。手続きは弊社が代行して行います。
間際のご出発の場合にはビザが取得できない場合がございます。
1.パスポートのカラーコピー
  *鮮明に印刷できる程度の解像度でお願いいたします。

【キャンセル規定】
*キャンセル規定が下記よりも厳しくなる場合にはお手配回答の際に改めてご連絡させて頂きます。
通常期間
ドゥルクエアーは予約と同時に確定となりその後のキャンセルの場合は100%のキャンセルチャージを申し受けます。
ご出発日より起算して30日以内のキャンセルの場合は総額の50%のキャンセル料金となります。
ご出発日より起算して21日以内のキャンセルの場合は総額の100%のキャンセル料金となります。

 

お問合せ
お問合せ・お見積もりはお電話をいただくか、下記のお問い合わせボタンより送信いただけましたら担当者より速やかにご連絡させていただきます。